さて!!劔岳へ☆核心部にせまるのつづき♪

切れ落ちた岩、平蔵の頭を登り......でも、足場はちゃんとあるので注意すれば大丈夫。

そ。そ。
昨日、言い忘れましたが、この平蔵の頭を登るのに、約1時間待ち。
しかも、待っているところが日が当たらないのですっげ~寒い。
momoたちはちゃんと防寒着を持って来ていたけどそれでも寒かった。
軽装で荷物も軽くしようとな~んにも持ってきてない人もいた。
めちゃくちゃ、寒そうだった....... 低体温症こわいよぉー。 

そして、こんな絶壁を下る!!
でも、足場はあるのでここも注意すれば大丈夫。
イメージ 1

paraさんも下る!!
paraさんは、急登、急下りする持久力にはめっぽう弱い~。でも、こんなテクニックがいるところはうまい!!
よ!!テクニシャンparaさん。
(だから~。paraさんは、早月尾根じゃなく、別山尾根を選んだんだなー...)
イメージ 2

平蔵の頭が終わると、こんなキレキレの所を歩いて先をすすむ。
イメージ 10

まちがいなく、一人しか歩けない。
混雑しているので、様子をみながら渡る。
イメージ 11

そして、こんな岩をよじ上ったら.......
イメージ 12

でましたっ!!

いよいよ、あの、カニのタテバイ........
すっごいでしょ?この渋滞。全然動かない。
イメージ 13

待ってる間........

ガラガラガラガラ.................ッ。

すっごい音とともに、
”ラーーーーーーーーーーーーークッ”っていう声が聞こえた。
見たら、タテバイの一番下にいる人をめがけて大きな石が落ちてきたっ。
幸い、うまくよけて大事にはいたらなかった。

”気をつけろよーーーー”

怒号が飛び交う。

この混雑してる中、こんな怖いシーンを見せつけられた。
イメージ 14

そして、60代くらいのおばあちゃんが、タテバイの鎖に必死に捕まっていて、足場をどうしたらいいか迷っていて落っこちそうになっている~~~。
やっぱり、この場所は気軽には来てはいけない。絶対に!!

ちょっとだけだけど、カニのタテバイのシーンをどうぞ!!

待つ事、2時間..........
平蔵の頭からいれると、約3時間待ち。
ようやく自分の番がまわってきた。
イメージ 15

なるほど~!!
鎖に取りつくまでの足場っ。めちゃくちゃ悪い!!ガレガレ.....
ラクを起こさないように慎重に足を置かないと大変だ!!

そして!!
momo。
  
イメージ 16

いっきまーす!!
イメージ 17

念のため、シュリンゲを鎖につけて安全確保しながら登る!!

よいしょ。鎖に取りついて.......次っ!!

あれ?

これはどこに足をかければいいんだ???
って箇所があった.......

しかし、ここは焦らない!!絶対に焦らない!!
よく足場を見つけて.........
何秒か考えたけれどなんとかクリア。

後は、杭が打ってあるところを使いながら登る。


2時間待ったけれど、数分でカニのタテバイはあっという間に終わった........


しっかしね~~~~~。

momoのイメージは、カニのタテバイが終わったらもうそこが頂上と思っていたんですよーーーー。
冗談じゃない!!ここから、頂上までの岩のぼりがめちゃくちゃ辛かった......
だって~。カニのタテバイで体力も精神も使い果たしたしぃ.....
イメージ 3

ヘトヘトになりながら、頂上をめざした。
イメージ 4

おぉ!!
あれ、早月小屋ではないかっ!!

ゆうゆうさーーーーーーーーん!! ゆみっこちゃーーーーーーん!!

心のなかで叫んだ♪

イメージ 5

こうして。
イメージ 6

日本百名山 38座目 !!

あの、劔岳の頂きを踏む事ができました!!!
イメージ 7

なんだろう。

この達成感............

いままでのお山とは違う感覚。

感無量!!
イメージ 8

イメージ 9




劔岳山頂って、ちょ~~~~きもちいい☆