あの難関と言われているカニのタテバイをクリアし、山頂に到着したmomoたち!

劔岳2999m。
しばらく山頂の余韻に浸るのでありました....
イメージ 1
(拡大可)

室堂平は、ほんとうに平らに見えて。
薬師岳、笠が岳、黒部五郎岳と名だたる山々も目の前にひろがっていたのでした。
イメージ 2

イメージ 11

イメージ 17

名残惜しいのだけれど、下山します。
イメージ 18

イメージ 19

そして。
このルート、最難関と言われている、カニのヨコバイへ.........

ガーーーーーーン。

また、この人!!人!!人!!
イメージ 20

約1時間待ちでようやく順番がまわってきた。
イメージ 21

イメージ 22
この方たちは、先生に教わりながらハーネスを使い下りていたけれど、うまくシュリンゲを使えず、先生に怒られながら進んでいた~

はい!!
momoの番!!

カニのヨコバイの最初の一歩がどこに足をかけていいかわからない...というのは有名な話。
でも、顔を覗き込んでみると、赤い印があるのでそこにうまく足をかければ、なーんにも問題なく行くことができます。
シュリンゲはちゃんと使います。
イメージ 23

杭に足をかけながら横にすすむ。
イメージ 3

でもね、ほんとはもっと谷底をヨコバイに歩くのかと思ったんだけれど......
思ったほどの高度感はなく、落ち着いて行けばなんにも問題ないです。
しかし、やっぱり落ちれば大けがの騒ぎどころじゃないでしょうね~。

数分でカニのヨコバイは終わり、次ははしごを下ります。
イメージ 4

イメージ 5

はしごを降りたあたり、ここにトイレがある。
戸が閉まらないので、ガマンしましたよ。
(ティッシュは持ち帰るらしいよぉ~)
イメージ 6

平蔵の頭も無事に下り.......   難関は終了!
イメージ 7

しかし、実はmomoの一番の難関だったのは、前劔からのガレ場のくだり.....
もう、ヘトヘトになりこのルート一番辛かったかもしれない。
イメージ 8

イメージ 9

剣山荘で、トイレを借りて(¥100)お酒調達!!
この山荘、とってもきれい♪ここに泊まってもいいかな~と思ってしまった
シャワーも使えるんだってー。
イメージ 10

もう、この頃は疲れすぎて.......  寝転びたい気分....
ここからテン場までとてつもなく遠く感じた。
イメージ 12

テントが見えた時はそれはもうほっとしましたよぉ。

そして、あの劔の頂きを踏んで無事に帰って来れた事に感謝しました。
イメージ 13

ヘロヘロになりながら、テントに戻ろうとしたそのとき!!

お隣さんに!!

ブロ友の”くにやんさん”と、”がんちゃん”がいるではありませんかっ!!
お~~~~~~♪
めちゃくちゃテンションがあがりました!!
イメージ 14

くにやんさんと出会うのはこれで2回目。
はじめにあったのは、三重の御在所。
御在所の鎖場でアタフタしているあぶなっかしいmomoを目撃していたくにやんさん。momoの御在所記事を見て、”あのとき、お会いしてますよ~”ってコメのやりとりしたのがはじまりなんです。
がんちゃんは、今回がはじめて出会ったんですが、なんか前から知り合いだったみたいに打ち解けました!!
やっぱり、山っていいね♪すてきな出会いがありますネ。

おふたりは、明日、劔にアタックするようです。
がんばれ~~~~!!

そして、そして。
この日。
paraさんのマウンテンバイクの仲間もこの劔沢へテン泊しに来ておりました。
彼らは、雄山から別山へ行き、ここにテン泊したようですよ。
paraさんも、お友達に会えてすっごくテンションあがってました。
イメージ 15

イメージ 16

アタック開始して、渋滞に巻き込まれ......
気づけば12時間の山行。

ヤレヤレって感じでしたが、劔の山頂を踏めたことは、momoの誇りです!!
これは、忘れられない体験となりました。
まったく、今年行く予定がなかったんだけれど、ゆうゆうさんのおかげでひょんなことから行くことになり~笑  こんな感動を味わえることができたんです。
ゆうゆうさん、ゆみっこちゃん、ありがとね!!
また、磐梯山で♪


日本百名山 38座 登頂!!




ありがとうございます☆