仕事を終えて急いで山の準備。

これから東北へと向かいます。

夜paraさんと交代で運転して、9時間かけて(途中仮眠)岩手県へ。
まあ、ほとんどの運転はparaさんですがね。

いや〜それにしても遠かった....。

着いたのは、早池峰神社近くにある日向坊の駐車場。100台停められます。

この時期、(今年は8月7日まで)早池峰山はマイカー規制がされており、登山口までバスに乗ることになります。

AM8:55
駐車場に到着。
なんとかクルマは停められそう....

しかし。
係の方によると、5分後にバスが出てしまうらしい....

急いでクルマを停めて、靴だけ履き替えて荷物も適当に詰めてバスに乗り込みました。
イメージ 1

往復ひとり1400円。
イメージ 2

化粧もなにもしていないので、バスの中でせめて日焼け止めクリームでもと思い、顔や手に塗りまくり、いろいろ準備していたらあっという間に登山口に到着。

AM9:28
小田越登山口に到着。
イメージ 3

ほんとは、河原の坊から登ってこの小田越へ周回しようと思ったけれど、河原の坊は登山道が崩れていて通行止めになっているようです。

今回は、小田越をピストンするコースを行きました。

ここはすっごくいいお天気で、暑い!!
日差しが背中をさして痛いっ。

しかし、山頂を見ると.....
ガスに覆われてる....。

こりゃ〜。山頂はガスの中か....。
でも、照りつける中登るよりマシかとアタマを切り替えて登ることに。
イメージ 4

登山口に仮設トイレ(ペーパーあり。きれいです)もあります。
地元の人たちの尽力でとても整備されています。

トンボがたくさん飛んでました。
トンボがんばれ〜。にっくきブヨをたくさん食べちゃってください。
イメージ 6

早池峰は、早池峰山と薬師岳を中心とした山々から成り立っています。
早池峰山は蛇紋岩。
薬師岳は花崗岩から成り、植生もまったく異なります。

この辺りは面白い地形なのですね〜。成り立ちがすごい気になります。
イメージ 7


AM9:50
登山開始。

最初は樹林帯歩き。
イメージ 5

これはなんだ?

paraさんが得意げに、”それはガンガラだよ”と説明してくれました。
イメージ 8

熊よけのようです。
イメージ 9

paraさんが、”あ〜。ウン◎が木にくっついてる”って小学生並に喜んでる。

ハイマツの実があるってことは、ホシガラス君に会えるかもしれない。
イメージ 18

樹林帯をしばらく登ると、森林限界。
案の定ガスの中。
イメージ 10

ここがやっと一合目。
イメージ 11

そして。
ここからが、歩きにくい蛇紋岩との戦いになっていくのです。
気を抜くと滑ります。

久々の本格登山なのでしんどいです。
イメージ 12

この時期はお花の時期でもあるので、かわいいお花があちらこちらに咲いていました。
イメージ 13

イメージ 14

おぉ。
この表面がモケモケしたのがハヤチネウスユキソウだ!!
これが希少価値のある固有種。
イメージ 17

このウスユキソウは.......ハヤチネか?......
悩ましい....。
イメージ 15

これは、ホソバツメクサというらしい。
星型でかわいいとparaさんもお気にいり。
イメージ 16

タカネナデシコというらしい。
イメージ 19

イメージ 21

小さなクルマユリも咲いていました。
イメージ 20

ひたすら蛇紋岩の登山道を登っていきます。
イメージ 22

時折、ガスの切れ間に覗く稜線。
イメージ 27

あおぞらに感動を覚えながら歩きます。
イメージ 28

が。
イメージ 23

momo、だんだんネガティになってきた.....。
イメージ 24

ガスもまた濃くなってきた。

これは山頂ではあおぞらが望めないかもなぁ。
奇跡は起きるか....。
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 29

またあおぞらが見えてきた!!

稜線がこの雲の演出で幻想的に見える。
イメージ 30

イメージ 31

ようやく、肩に来たようです。
山頂までもう一息かぁ。
イメージ 32

バンザーイ!!
イメージ 34

だんだん、厚い雲も切れてきたぞ〜。

山頂でこの景色を見せてくださいっ。
お願いしまーす。
イメージ 33


さて。
次回、山頂であおぞらみれるかな?

続きますよ。