1月7日(土)晴れ

速報でもお話ししましたが、この日、Tanmaさんプレゼンツ、根石岳へと行って参りました。
momo隊は根石岳は未踏。
以前、天狗岳へ登った時にいつか根石岳に行ってみたいなぁと思っていたのでとっても楽しみにしていたこの企画。
ゆうゆう隊のゆみっこちゃんもご一緒できるとのことで、4人で行くことになりました。

AM6:00
道の駅こぶちざわに集合。
まだこの時間は真っ暗。
しかも、ちょーーーー寒いっ。

momo隊が現地に到着すると、Tanmaさん、ゆみっこちゃんはすでに到着。
ゆみっこちゃんは、今回はじめて?遠くまで運転してやってきましたよ。
「いつも準備してくれるのはゆうゆうさんだから、忘れ物してないかしんぱ〜い。
わかるなぁ。
私もいろいろとparaさんまかせ。笑


さて。さて。
今回のルートは、桜平からオーレン小屋を通り筧冠山の頂を踏んで根石岳へと向かいます。
この桜平......。
有名だと思いますが、まぁ、この林道がすっごいガタガタ道。
(momo隊、ビビってこの桜平は今日まで避けて通ってきました)
夏道はまだしも、冬道は4WDのクルマでないと難しいと思われます。
今回は、桜平までTanmaさんのクルマに全員乗車して向かうことにしました。

AM7:20
桜平に無事に到着し、準備して出発!!

うん。
桜平までの林道は、噂通りの道でした!!

この登山道は、桜平までの道が難儀するためか登山者は少なめです。
イメージ 2

イメージ 1


Tanmaさん指導で、最初はチェーンアイゼンで進んでいきます。
Tanmaさんは八ヶ岳を知り尽くしていて、今回の登山計画のために下見をしてくれていました。ありがたいですね〜♩♩

ところどころ道が凍っていましたが、この日はチェーンアイゼンで十分でした。

気温はマイナス5度。
沢は凍っていました。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

いや〜。
しかし。
身体が重い.....。
正月食べ過ぎたなぁ。
イメージ 6

AM8:00
薪を焚く匂いがすると思ったら、夏沢鉱泉に到着。
ここは、今の時期でも営業していました。
トイレを借りることができますよ。
イメージ 7

振り返ったら北アルプスの展望!!
いや〜。
今日はよいお天気が期待できそう。
イメージ 8

しばらく樹林帯をまた歩いていきます。
雪山が苦手なmomo。
みんなの後をゆっくり着いていきます
イメージ 9

イメージ 10

緩やかな登山道ではありましたが、息が切れて、へっぽこmomo隊、日頃の運動不足が身にしみます。

Tanmaさんとゆみっこちゃんはすっごい元気!!
さすがですぅ。

paraさんも病み上がりですが頑張ってます。
身体が冷える〜〜〜〜と若干ネガティが出ましたが。(笑
イメージ 13


AM9:00
オーレン小屋に到着。
今の時期は休業しています。(冬季小屋あり)
イメージ 11

ここで少し休憩して、アイゼンに履き替えます。
とても寒くて寒くて凍りそう。
準備ができたらすぐ出発。
イメージ 12

また樹林帯を歩いていきます。
イメージ 14

鳥の鳴き声に癒されます。
これは、コガラだね。見えるかな?
イメージ 15

AM10:40
筧冠山(みかぶりやま)2590mに到着。
イメージ 16

ここのピークは展望はないのですが、根石岳までもうすぐです。
イメージ 17

筧冠山のピークをすぎるとすぐ展望がひらけ、根石岳の山頂が見えてきました。

なんて美しいあおぞら!!

そして、小屋も見えました。
根石岳山荘です。この時期は、土日だけ営業してるようです。
(ご利用の方は事前に調べたほうがよいでしょう。)
なんか気になるなぁ。泊まってみたい。
イメージ 18

Tanamさん曰く、先週より雪がなくなっちゃったようです。

遠く、天狗岳には沢山の人。
しっかし、この時期で、雪のない天狗岳はなんか寂しいですよね。
イメージ 19

イメージ 20

展望が開けたらすっごい風。

ここは風の通り道のようです。
イメージ 26

イメージ 27


今日は北アルプスもぜーんぶ見えて今日は最高のお天気。

そしたら、山座同定開始!!
イメージ 29

しかし。
最近、人の名前、山の名前が出てこない。

「えーと、あの山は、あれだよあれ!!」

みんなで、なぞなぞしながら(笑、山の名前を当てっこします。

最近、あれとかそれとか多くなってきて大変です。
イメージ 21

イメージ 28

あおぞらに吸い込まれそう。
イメージ 22

イメージ 24

イメージ 25

AM11:20
根石岳(2603m)踏破です!!
イメージ 23

さて。
ここで少し、根石岳のムービーをUPしちゃいましょう。
お時間があったら見てね。
根石岳に登った気分になれちゃいます。



それでは、次回、根石岳の展望をじっくりとご紹介します。